/HOME/ 規約/ 役員一覧/ 総会方針/ ニュース/ 自治体キャラバン/ 憲法共同センター/ 生存権裁判支援の会/  子どもの貧困懇談会/ リンク/

生存権裁判を支援する奈良の会について

2015年10月1日、生存権裁判を支援する奈良の会の設立総会を開催し、以下の内容を確認しました。

「生存権裁判を支援する奈良の会」申し合わせ事項

2015年10月1日 生存権裁判を支援する奈良の会設立総会

目的

国民の「生存権」を守るための全国、県内の各種の取り組みを支援します。そのために各分野の実情や問題点の本質をつかみ取り、内外に発信します。

所在地

奈良県社会保障推進協議会内に置く。

役員

・世話人  若干名
・事務局長 1名
・事務局員 若干名(当面、奈良県社保協事務局員が担う)

会員

・会の目的に賛同する団体・個人が加入することができる。
・退会は当人・当団体からの申出による。

会議

・世話人会を適宜行う。
・世話人会は世話人と事務局長で構成する。必要に応じて事務局員も参加することができる。
・重要事項の決定については世話人会で行なう。
・事務局会議は定期的に開催する。(奈良県社保協事務局会議での討議)
・事務局会議は次回の世話人会までの間の活動について世話人会を代行する。ただし次回の世話人会においてそれまでの活動を報告し、承認を得ることとする。

財政

個人・団体によるカンパ及び任意の財政活動を行う

役員体制

[世話人]
西   ふみ子(奈良県生活と健康を守る会連合会会長)
西 村 香 苗(弁護士)
平 井 国 弘(奈良県障害者の生活と権利を守る連絡会会長)
青 木 久 馬(社会保険労務士 Mさん裁判支援する会事務局長)
藤 井 正 紀(社会福祉法人こぶしの会理事長)
藤 垣 全 弘(年金者組合奈良県本部委員長)
竹 花 祥 隆(奈良県社会保障推進協議会会長)
井ノ尾 寛 利(奈良県労働組合連合会議長)

[事務局長]
飯 尾 大 彦

[事務局員]
菊 池 高 波
柴 田 勝 久
石 堂 吉 輝
清 水 恭太郎
坂 本 博 道

上記の申し合わせ事項について基本的に確認しつつ、
?会の方針の作成と確認
?財政活動の具体化
の2点につき、会の事務局で具体化を計り、世話人会の開催もしくは稟議で確立することを設立総会で確認しました。

設立総会議長 菊池高波が補記。

戻る

inserted by FC2 system